多結晶CVD合成ダイヤモンド

多結晶CVD合成ダイヤモンド

エレメントシックスの多結晶CVDダイヤモンドは、熱管理、電気化学、赤外、核融合などを含む幅広い用途で用いられています。

エレメントシックスの多結晶CVD合成ダイヤモンド製品は、切削やドレッシング、光学、熱管理、電気化学及び核融合などの用途で用いられています。

エレメントシックスの多結晶CVD(化学気相成長)ダイヤモンド製品は、CVDにより生成され、製造中は厳しく管理された成長条件に従い、製造後の製品には厳しい品質管理を行なっています。その結果出来上がる製品が、切削工具、線引きダイス、ドレッシングの用途で求められる極めて優れた特性を備えた多結晶ダイヤモンドです。一方、天然ダイヤモンド素材は特性に著しいばらつきがあるため、使用する為には、入念な選別が必要となってしまいます。

多結晶CVDダイヤモンド製品
何年もの開発期間を経て、エレメントシックスの多結晶CVDダイヤモンド製品群は、様々なアプリケーション向けに開発されてきました。各グレードには、それぞれの用途に適した設計を行ない、それらにはダイヤモンドの様々な特性が生かされています。エレメントシックスの包括的品質保証プログラムは、全製品がISO9001:2000品質規格に準じて製造されていることを保証しています。

詳細はカタログを参照して下さい。CVD diamond for dressing and cutting tool applications.

エレメントシックスの多結晶CVDダイヤモンド製品